パッティングの距離感とラインとスパット設定

ゴルフの練習方法・上達のヒント

こんにちは。

GW中の一人予約で北海道ブルックスに行ったときに、同伴者の方に「どうやってラインを読んでいるですか」と聞かれましたのでその話。たしかにこの日のメモを見返し見ると3m以内はすべて1パットで入れていたので印象に残ったのかなと思います(ノーカンのファーストパットの後始末も多かったですが)。ラウンド終了後に練習グリーン上で1時間くらい話した内容です。

結論 グリーンを高低から見ない人でパットが上手な人はいません

ライン云々の話の前にまずグリーンの高低見てますかという話をしました。高低の把握ができていないとライン読みのスタートラインにも立てません。

学生の頃のツアーのキャディバイトでついたプロ(レギュラーではシード何回か取ったことあるくらいのプロ)に練習ラウンドで「試しにライン読んでみて」と言われて散々ダメだしをくらったのですが、その内容を要約すると「グリーンの高低から情報を入れろ」とのことでした。「ボールとカップを結んだラインの横からグリーンの情報を入れる」ということです。

言われてみたら当たり前の話ですが、まだ対してゴルフがよくわからない頃だったので目からうろこでした。

なんで高低から見るか?

当たり前ですが、パッティングのラインは転がるボールのエネルギーで大きく変わります。言い換えたらインパクトの強さとか転がるスピードとなるかと思います。そしてカップにジャストタッチから数mオーバーの幅に打てないと物理的に入りません。そしてカップからオーバーする距離によってラインは大きく変わります。50cmオーバーなら曲がるが100cmオーバーなら曲がらないみたいな感じになるので、極端な話「わざと曲がるライン」を選ぶこともできます

というわけで、曲がる曲がらない以前に、「どこまで打つか」を決める必要があります。そのために距離感を合わせるということになりますが、一番大事な情報がグリーンの高低です(芝目もありますが)。低→高は転がりが弱くなり高→低は転がり強くなるという当たり前の話ですが、このグリーンの高低がつかめないと距離感は整わないです。

アマチュアの3パットになる理由はファーストパットの「曲がり幅が合わないから」ではなく「縦距離が合わないから」がほとんどです。ある程度ラインが読める人の距離感のミスはライン読みがある程度正確な分、余計に遠ざかったり厳しいラインになることがあります。言い換えたら縦距離合わなければ曲がり幅も変わるのでカップから余計に遠ざかるということです。

まずは、グリーンの高低を把握するところから始めます。上手な人は必ず高低から見てます。同伴競技者見ても高低を見ない人はパットが得意ではないか考えなくても結果を出せる才能のある人だけです。

ちなみに、グリーンの外から見るのがおすすめです。対象物の手前にグリーンのカラーとラフがあると対象物のコントラストでグリーン面が強調されるので見やすいです。スロープレーにならないならグリーンをぐるっと一周するのが一番良いです。先に打つ同伴競技者のパッティングがどのようなシチュエーションだったかも情報として得られるので。

高低の次は曲がりの推測→カップを通過した後も見る

高低を押さえたら次は曲がりの推測ですが、必ずボールの反対側からラインを読みます。たいてい反対側から見たほうがカップ周りが近いのと、ボール側からだと周りの景色に左右されて正確な情報が得られないことがあるからです。

この時に見るのはカップ前「後」の2~3mくらいです。

「後」を見るのは外れてオーバーしたときの情報を得るためです。事前に見たカップの後ろの傾斜の情報とファーストパットのカップ過ぎた後の転がりとすり合わせて2パット目に備えるわけです。ファーストパット入ったら関係ないですが。

これが身につくと、

・ファーストパットをオーバーすることに自信が持てるので、オーバーするように打てるようになり入る確率が高くなる

・返しのラインの情報が打つ前にわかるので返しのパットの入る確率が高くなる

のでファーストパットとセカンドパットの入る確率が高くなるはずです。地味な取り組みですが誰でもできることで、何もしないよりは絶対に1ラウンド2打以上は縮むと思います。

ラインの確定の仕方

情報が出そろったらラインを決めるわけですが、カップを見ながら実際に転がっている絵をイメージしてボールからカップまでの想定ラインを作ってそこに打ち出します。

この時だいたいの人が「ボール→カップ」という風に「順再生」でラインをイメージする人がほとんどだと思いますが、自分の場合、カップ側から「逆再生で」ボールまでの想定ラインを作ります。

これは感覚的なものなので説明しにくいのですが、カップの手前で「ボールが減速して曲がり幅が少しずつ大きくなる」イメージがこの方がしやすいのと、「オーバーしたときにどこに止まるか」をイメージしたいからです。ボールからラインを結ぶと1m先でも10メートル先でも曲がり幅は1m進めば5cmみたいな正比例のラインしかイメージできず実態と異なるためどうしてもできません。

他の人に聞いてもボール→カップという風にラインをイメージする人がほとんどなので、好みの問題かと思いますがイメージのヒントとして取り入れてみてはどうでしょうか。

3点のスパットを決めてラインに乗せる

後はアドレスして打つだけですが、自分は3点のスパットを結んだところにフェースを合わせます。

1.ボールから80cm先 ①

2.傾斜に乗って曲がり始める地点 ②

3.1と2の中間 ③

上記の3つのスパットを直線で結んでそこに転がるようにイメージします。フェースの向きは①の80cm先のスパットに合わせます。理由は簡単で、距離が短いほど正確にフェースの向きを合わせられるからです。才能ある人はこんなこと考えないでパカパカ打って結果が出るのでしょうが、自分はこれくらいやらないと正確にフェースを向けられません。

昔は①と②の2点でスパットを結んでいましたが、①と②の距離が長いと正確に合わせられないことが多く、③を設定してから精度が上がった気がします。

あと、一時期ボールに線を引いてラインに合わせていましたが、時間がかかるのとミスパットがすぐわかり精神的に引きずってしまうのでやめました。

練習グリーンから高低を意識する

自分の場合、練習グリーンでも同じようにラインを読んで打ちます。なんとなく打ってコースに出ても距離感が合わないことが多かったのですが、実践と同じ練習をすることでコースに出てからの結果は良くなった気がします。特にスピード感養うのに高低を確認してから打つというのはぜひやるべきです。

余談ですが東京大学ゴルフ部は試合前の練習ラウンドの時に、スマホのアプリでグリーンの傾斜を計測してメモを作るそうです。

これに書いてました

大学生の部活は就職活動や卒論もあるので実質3年くらいですが、未経験者が実質3年間の部活動で平均スコア80くらいで卒業する人も出てくるのはこういう「情報集め」が聞いているのも知れませんね。

この本、限られた時間の中でどうゴルフを上達するかという点でけっこうためになるのでお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました